Missing Personsを探して Missing,Innocent,Death Row.a far-east eye for people at risk

Category Archives: R.j.s

もちろんまだ最初に関わったケースに責任はあるのです

Death penalty opponentとしてはまだ経験が足りなすぎる訳ですが。
最初に自分が関わったのはMissing Children Caseであるわけで…しかもある特定の。もうまかせたほうがいいやなーと構えていたわけですが、The Charley Projectの彼のページにアップデートがありまして、お母さんが前の年に謎の亡くなり方をしていること、あと彼がその後住んでいた場所…私が集めた情報ではないか、というかいとこの方より頂いた情報をもとに調べたら出てきたことと、自分の心の区切りを付けるため送ってもらったDeath Certificate にある行方不明場所ではないか…いかん、まだ責任は思い切りあるのだからきちんとフォローアップ続けねば。
でも、メーガンさんもやはりお母さんの死が何か関係あるのでは?と思うみたいですね…

一箇所ではなかったのだった、、

Thank you for helping Jack. Because of you he got put on here http://doenetwork.org/cases/4064dmwa.html | usa | 2009/10/04 5:23 PM |

以前のところから記事を移すのにもたついて前のほうは見ていない間に、匿名で(porchlightの方?)コメントをいただいていました。

Doe network..生存者を探すのが主目的ではないサイトとはいえ、ここの方にとりあげていただけるというのは

、もしかしたら見つけてもらえる可能性、という点でなんだかすごいことのように思います。この方も書いているとおり。情報をネットに流したのが家族でもなんでもない日本人(ケースファイルに入ったのは私がいとこから連絡いただく前です)だということから考えると。

もちろん、警察サイト(proxy使ったら見られた、、だから怪しいものじゃないって連絡したのにーそれが怪しかったのか?海外では見られないだけかもしれないです。)にケースがきちんと載っていること、あと

イエローページの記事と内容がマッチしていること、という証拠はあったのですが。そこが強力だったのだとは思いますが。

で、わたしがいとこから聞いたことはすでに警察に届けられていると思うので、混乱を避けるために書かないほうがいいかなと思います。(警察に届けられていることは、アメリカ国内できちんとやってる方々なら情報が入るかなと思いますので)

しかしこの「思います」が多いところが、ソースとして扱われているページをどうするかと不安な材料になるんですが、、何通かメールもいただいていまして、私の個人的な感傷的部分(もうかなりはずしましたが)への応援メールだったりしたので、それはそれで意味がある(こんな外国人も珍しいだろうし)気もするんですが、

まずはアーカイブとして事実だけ書いて、電話帳と一緒にアメリカ横断したとかそういう個人的な話は別にしようかなと、、。

ほかにも今のところ2サイト掲載していただいてます。私が「いただいてます」っていうのも変ですが。

一箇所はporchlightとつながりが強いところで、(For the lost)missingkids.comに掲載されないケース(California Kidsというキャンペーンの一部で、これは州外のケースも掲載しているカリフォルニア警察のサイトのみ、もしくはそこにも掲載されていないがケースはまだオープンで、そしてほかの大きなサイトに取り上げられていないケースを集めている部分です)を取り上げているところなので、そちらが最初だったのかな、、

ちょっとまた情報が一気に来ているところなので、オーバーフロー中で、サイトは順番に書いていきます。

掲載サイトのリンクも順番に、、

自分が法律の知識が足りないのがどうもなあ、、

ある達成というか、、

Charleyprojectに、Jackの情報が載っているのを見つけました。

で、情報としてリンクしてあるのはなかなかつながらないワシントン警察のサイトと、

私が作った1ページでした。

「忘れてほしくない」という基本姿勢のミーガンさんに見つけてもらったのは、

とてもありがたいことでした。私はずっと彼の存在を知ってほしかったので。(8月にその辺はかなり変わりましたが)

Jackのいとこさんもサーチして私のページを見つけたわけで、、今はご家族の手に返した(こっそり借りていたような気がしています)ような感じですが、

知ってほしいという思いのものにとっては、大きな一歩ではありました。

家族が「もう眠らせよう」と決めたことを考えるとどうしようとも思いますが、

この記事も4月に書かれていたもので、、(なぜ気がつかなかったのだろう)

間違いや暴走のないよう手直しを入れねばと思っています。

Charley Project,Roland Jack Spencer III


21年後の驚くべきこと

詳細は個人メッセージのため書けませんが、

Jackのいとこにあたる方からmyspaceにメッセージをいただきました。

ふと探したら私が書いたものが見つかったそうです。

(それは、私が彼の名前をどこにも見つけられなかったから自分で書いたからで、、)

一つだけ書いても良さそうなことを書くなら、

彼は、その境遇にもかかわらず、”Happy lil boy”で、いつも笑っていて、車で遊ぶのが大好きな男の子だったそうです。

————
(Translate)

–I cannot write a detail cause it’s personal message,–

To my amazing surprise,I got a message from Jack’s cousin.

(That’s might be I made his page because I couldn’t find his name anywhere on the web)

I write one thing might be openly write,

Jack was,despite his situation,”Happy lil boy”,always smiling.and loved to play with car.

☆現在このblogはmissing.angelorphan.comより引っ越し中です。

9000日なんだ

コンテンツ増やしたり半分サーバー引っ越したりで、
Missing Personsのことはあんまり書いてませんでしたが、

今日(12/31もですが)結構書き加えたりしてて、
気がついたらカウントアップカレンダーが、いなくなって9000日を
表してました。

記事にも書いたけれど、Seattle P.Iの特集記事を隅々まで読みまして、ワシントン州では
Missing Personsへの対応ミスや軽視などが過去あったようなんです。
1985年以前(!)はデータの管理もずさんなところがあってデータ自体がなくなっている方もかなりの数いると。(まだデータだけは残ってる、、)

そうでなかったら間に合ったんだろうか。いや、間に合ってないとはっきり言いたくはありませんが。

それを言いたかったんだろうか、ジャックは。私に。訴えたかったんだろうか。