Missing Personsを探して Missing,Innocent,Death Row.a far-east eye for people at risk

Monthly Archives: 1月 2009

You are browsing the site archives by month.

自分のもかいとくか

で、Seattle P.IのMissing Persons listを見てると、
自分みたいなのは何かあっても見つかりにくいんだなーと思います。

“Had no family,self-employed,no permanent address(賃貸アパートもそうなるのかな),Rarely contact her family members(妹たちがiPhoneからのメールを浮けとれんのだ、、)”

ここで書いてもしょうがないですが、身体的特徴でも。

身長160センチ、肩幅や手足は女性としては大きめ、(靴のサイズ24,5)
体重の変動は激しいんですが、、だいたい中肉中背。
極度の近視(と遠視)のため赤いセルフレーム(本当にセルロイドなんですよ)眼鏡か
コンタクト使用。(遠近両用)
左太ももと左足薬指小指に手術跡。(子供の時やけどで指が癒着したのを植皮している)

手足に細かい傷。(猫にひっかかれた、、)

屋外で見つかった場合はiPhoneに個人情報の記録があるのでそちらを。また、
財布に板橋区住民基本台帳カードと猫の保険カード所持。

日頃飲んでいる薬はありますが、なくても命には全く関わりません。

ただし連絡先がない、、戸籍は単独、妹二人は転勤族、東京には自分一人、
友人はベストフレンドが多忙のため連絡取りづらし。

Dental Record=最近やっと一部レントゲンとった(歯医者変わったというか逃げ出したもので、、)通院先(渋谷区)はiPhoneか自宅PCデスクトップのソフト「エンディング・ノート」に。

電池がもってるかわからんが着信音は現在Boston Legalのテーマw
ね、どうしたもんでしょうね。不動産事件簿だなあ、これでは。
人ごとではないですね。

9000日なんだ

コンテンツ増やしたり半分サーバー引っ越したりで、
Missing Personsのことはあんまり書いてませんでしたが、

今日(12/31もですが)結構書き加えたりしてて、
気がついたらカウントアップカレンダーが、いなくなって9000日を
表してました。

記事にも書いたけれど、Seattle P.Iの特集記事を隅々まで読みまして、ワシントン州では
Missing Personsへの対応ミスや軽視などが過去あったようなんです。
1985年以前(!)はデータの管理もずさんなところがあってデータ自体がなくなっている方もかなりの数いると。(まだデータだけは残ってる、、)

そうでなかったら間に合ったんだろうか。いや、間に合ってないとはっきり言いたくはありませんが。

それを言いたかったんだろうか、ジャックは。私に。訴えたかったんだろうか。