Missing Personsを探して Missing,Innocent,Death Row.a far-east eye for people at risk

Monthly Archives: 3月 2013

You are browsing the site archives by month.

Willingham case 追加





こちらはFRONTLINEというドキュメンタリー番組のWillingham caseをとりあげた回の予告版です。2010年に放送されたもので、、iTunesJPではPodtcastのみ、USでは番組が購入可能です。この回のタイトル
Death by Fireで検索を。

 

Edit1:お、これいまクローズドキャプションがついてますね。再生始めてから[CC]をクリックしてみてください。

Edit2:このビデオで全番組の半分は見られますが、ここに入っていないのは後半を占めるGerald Hurst氏の火災分析ですね。前半は火災の時の取材シーン。
(”火災原因”で検索された方、その答えははっきりとは言えない(が、放火ではない)としか、自分の調査と語学力が足りないこともあって、、また、火災当時の捜査が”放火”を前提になされたことも事実を覆い隠しています。ただ、まともな(安全な)暖房器具がなかったこと、真っ先に火事に気づいて父親を呼んだ(しかし煙が濃すぎて助け出せず)2歳のAmberちゃんが、当時ストーブに物を投げ込もうとしてはとめられていたことは拾い出しました。)

Edit3:20140928 PBSのサイトでこのビデオ用のembedが一章と二章に分かれていたので張りなおし。これで全部見られるのかな?

いろいろと調べたこともあるのですが、(その友人であった人の文章などで)その人自身が無罪を証明する重要なタイミングなのでリンクなどは今は差し控えます。

そして友人のお姉さんが3年以上行方不明だと知る

長年Roland Jack Spencer III というワシントン州のMissing Kid に関わって(といってもワシントン州にはいったことがなく、気になって88年にNYのホテルからかっぱらった記事と写真のおかげで数年前にDoe Networkなどのサイトに掲載されるようになり、今はNAMUSもあるので頼りになる方々にまかせられるわけですが、、)いたのですが、

数年FBで(FBは日本のネット文化向けでないと思うのでインターナショナル版です)音楽関係をきっかけに友達になった自分よりはかなり若い人が、ふとtwitterでお姉さんのことを話したのです。
いったい何があったのか聞いたら3年前から行方不明とのこと、、
Charley Projectをチェックして友人と同じラストネームの人がいるのを見つけました。

成人なので、自分の意思で新しい人生を探そうとしたと言うことももありうると信じたいのですが、
間接的にでもつながりのある人が行方不明と聞いたのは初めてで呆然としております。

ましてやその妹である友人やご家族の皆様がどういう思いをしてきたか、、。

candlenopeacemark
Hoping your safe return!!!