Missing Personsを探して Missing,Innocent,Death Row.a far-east eye for people at risk

Craig Beyler Report:


Analysis of the Fire Investigation Methods and Procedures Used in the Criminal Arson Cases Against Ernest Ray Willis and Cameron Todd Willingham

これがRick Perryが無視したレポートですな。WORDPRESS用DLプラグインがあったので貼り付けてみました。PDFでどうぞ。ところでRICK PERRYは次期テキサス州知事から離れ、GREG ABBOTTを後釜におこうとしているなんて話を聞きます。(ソース・1HUFF POSTのライターよりなどいろいろ)地区検事→知事ってのは情けないことによくあるキャリアアップのようですが、中学で習いませんでしたか三権分立。

就任したら言うことは想像がつくですな。「Cameron Todd WillinghamはRick Perryの責任だが、いやーあれは彼の過ちであって私はやりませんですってばよ。そういうわけで方針はそのまんまで。」うーん。現在まさに Trevino v.Thaler の最高裁判決後の、私のテキサスの友人についての上訴(最高裁のOpinionが出るまでしばらくストップしてました)犯行現場を見てもいない逃走用運転手であった(もし本気で興味がある方、私までご連絡を。)友人に対して「いいやTrevino v. Thaler (Ineffective assistance)はこのケースに当てはまらないからほっといて先に進みやがれ(opposing evidentialy deveropment and a stay of these proceedings)」な検察側のSupplemental Breafing に堂々と検察側最初に名前を書いてるのはGreg Abbott なんですがねえ、、ちなみに彼の共犯者(正確には共犯者ではないです、、あちらの方が現場にいた人間なので)の一人は最高裁から 「判決破棄、下級裁判所に戻れ」(remand and vacated)の決定が下されているわけで。陪審員へのパブリシティの影響が大きい郡から裁判場所の移動を(Change of Venue)求めなかったことも含め裁判での不手際が多かったことには共通点はいろいろ。警察国家、警察政治と呼ぶような人間を法律に違反する糸があるなどと曲解されるような州ですが、いまそう呼ばれるようなことをしようとしているでしょうに。

(そして、incendiary-The Willingham Caseを見直したらラストでGreg Abbottが2011年にTexas Forensic Commisionに(しかも最初のちゃんと仕事をしようとしていた委員長が解雇され、その場を納めるだけの役目の人間がその役目に就いたあとでさえ)Commisionの意見は司法的には意味がないと”アドバイス”してます。

 

日本人である限り個人的にどう考えていても人のことは言えないことが多いんですが、これはいったい何なんだ。

 

そうそう、死刑賛成派の方には、「無実の人間が処刑される可能性だけが反対理由なのか」とおっしゃる方がよくいらっしゃいますが、そんなシステムに自分の命を預ける、取り返しが出来ないことを執行する権利を与える、ってのはあまりに怖いからなんですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Post Navigation